松江高専における現代GP推進事業について

 文部科学省では、国公私立大学を通じて、学生教育の質の向上などの大学教育改革の取組を選定し、財政的なサポートや幅広い情報提供を行い、各大学などでの教育改革の取組を促進するため、「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」及び「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」を実施しています。

 現代GPでは、各種審議会からの提言などを踏まえ、社会的要請の強い政策課題(地域活性化への貢献、知的財産関連教育など)に関するテーマを設定し、これに対して各大学、短期大学、高等専門学校が計画している取組の中から、国公私を通じて優れた取組を選び、サポートします。また、選ばれた取組を社会に広く情報提供し、高等教育全体の活性化を促しています。

 松江高専では、この現代GPに2年連続で採択されています。これは全国の高専においても非常に珍しいことといえます。ここでは、その取り組みの内容について紹介していきます.

○平成17年度採択テーマ
「地域ニーズ対応型教育の実践」
 H19年度「地域産業論」スケジュール
 「地域産業論シンポジウム」の開催報告

○平成18年度採択テーマ
「高専間連携を活用した体験型環境教育の推進」
 H20年度第3回高専環境会議講演要領開催NEW
会議・講演の詳細に関してはこちらをご覧下さい.