質の高い大学教育推進プログラム(教育GP

松江工業高等専門学校

 

文部科学省は、各大学が特色・個性を一層明確にし、社会の信頼に応える学部教育の実現や国際競争力の強化を目的として、特色・個性ある優れた取組を選定・支援しています。

平成20年度、松江高専は、「質の高い大学教育推進プログラム(教育GP」と「産学連携による実践型人材育成事業−ものづくり技術者育成−」に申請した2件の取組みが採択されました。

 

質の高い大学教育推進プログラム(教育GPとは、全国の数ある大学や高専の中で、教育方法、教育課程の工夫改善や、社会的ニーズの強い課題への取組の中から、学生教育の質の向上を目指す優れた取組を選び、文部科学省がその取組をサポートすることです。平成20年度からは、これを「質の高い大学教育推進プログラム 」といい、「Good Practice」にちなんで、「教育GP」と呼んでいます。

文部科学省「GP」のページへ

 

 

  平成20年度採択テーマ

    質の高い大学教育推進プログラム(教育GP

「知的創造サイクル演習による技術者教育」